カロチノイドサプリ副作用

カロチノイドサプリ副作用

カロチノイドには健康に役立つ効果があり、サプリメントとしても多くの種類のものが販売されています。カロチノイドはサプリメントとしても注目されている成分ですが、思わぬ副作用がある場合もあります。

 

どういった副作用が、カロチノイドには起こりえるでしょう。カロチノイドの1つにβカロチンという成分があります。もしもこのβカロチンをサプリメントで取り入れるのであれば、同時に使っているサプリメントに、ビタミンAサプリメントや、マルチビタミンサプリメントがないかをチェックしましょう。成分表示を確認すれば一目瞭然ですが、ビタミンAを含むサプリメントは、βカロチンを使っていることがあるためです。

 

カロチノイドサプリメントと、ビタミンAサプリメントを併用すると、どちらにもカロチノイドが入っていて飲みすぎ状態になってしまいます。ベータカロチン系のカロチノイドを過剰に摂り過ぎた場合には、手足が黄色くなってきたりするだけではありません。

 

βカロチンが肝臓に大量に蓄積されてしまうことによって、肝機能の働きが下がってしまうという人もいるようです。動物由来のカロチノイドとして知られているのが、レチノールです。

 

皮膚に湿疹ができたり、おう吐感が強くなったり、酷い頭痛に悩まされることがレチノールの取りすぎにはあります。サプリメントを摂取する時に配合成分を調べることで、1つの成分が過剰にならないよう防ぐことができます。

 

数種類のサプリメントを使う時には、状況に応じて医師や、薬剤師に話を聞くことによって、カロチノイドなど特定の栄養素が過剰にならないように注意しましょう。