水着を着る前にキッズ脱毛!エステと医療クリニック脱毛どちらが安全?予約取りやすさ、価格、脱毛効果について

水着を着る前にキッズ脱毛!エステと医療クリニック脱毛どちらが安全?予約取りやすさ、価格、脱毛効果について

 

水着を着る前に脱毛を行う人は大人だけでなく、キッズでもチャレンジしている人がいます。

 

現在日本で施術を受ける場合は、エステ、若しくは医療クリニックのどちらかで脱毛の施術を受ける形がメジャーです。

 

その場合、エステは光を利用した方法を、医療クリニックはレーザーを利用した方法が主に選ばれています。

 

 

エステの場合は光を照射して行いますが、この場合、痛み等にも配慮して行われ、さらに出力を調整してもらうことも出来るので、お子さんが施術を受ける際にも痛みをあまり感じる事無く処理が出来ると言うメリットがあります。

 

しかし出力を弱くするとそれだけ毛母細胞に働きかけるパワーが弱くなってしまうと言う事になるため、施術が完了して綺麗にムダ毛を処理できるまでの期間は長くなってしまう場合も珍しくありません。

 

医療クリニックの場合は基本的にお子さんの施術を扱っていない所も多く、さらに扱っていたとしても年齢制限が設けられており、キッズと呼ばれる年齢の場合は施術を受けられない場合が多々あります。

 

レーザーを照射する場合、大人の肌であればその刺激に耐える事も出来ますが、お子さんの肌は中学生であっても大人の約3分の2の厚みしかない為、どうしても刺激に弱い状態です。

 

その為、レーザーを照射するとやけどの様な症状を起こしてしまうことも有るので、基本的にお子さんの施術は行っていません。

 

ただ、もしエステと医療クリニックどちらでも施術を受ける事が出来るとなった場合は、どちらにも利用するメリットはあります。

 

エステの場合は前述した様に出力を調整してもらえるので、お子さんの肌にもできるだけ負担がかからない様に調整しながら施術を受ける事が出来るからです。

 

もちろん万が一トラブルが起きてしまったとしても、医療機関と提携している所であればすぐに処置を受ける事が出来るようになっているので、トラブルの拡大を防ぐ事も十分可能です。

 

医療クリニックの場合はそもそも医療行為を行う事が出来るので、麻酔を利用して痛み対策を十分に行うことも出来ます。

 

ただお子さんにむやみやたらに麻酔を利用する事は出来ないと言う面も実際にはあrいます。

 

照射するのはレーザーとなるので、その出力によっては何らかのトラブルが起きてしまいかねません。

 

したがって、安全性と言う点から行くと医療クリニックよりもエステの方がより肌への負担が少なく施術を受ける事が出来ると言えます。

 

予約に関しては医療クリニックの方が取りやすい場合があります。

 

エステの場合はお子さん向けの施術の枠がそれ程確保されていない場合も有るので、予約待ちとなることは珍しくありません。

 

ただエステのお店によってはお子さんの施術は予約が取りやすい場合もあるので、医療クリニック、エステ、どちらが予約が取りやすいかという事は言えないのが実際の所です。

 

価格はエステの方が安く済みます。

 

その理由として、医師の施術が必要ないと言う事、さらに医療クリニックの方が高出力の機器を利用していると言う事が関係しています。

 

またエステはキャンペーンが適用される場合もあり、上手に活用すればかなりリーズナブルに脱毛する事も可能です。

 

期間内であれば何度でも施術を受ける事が出来るというサービスを展開しているエステもあるので、それを利用すれば上手にムダ毛を処理する事も出来ます。

 

脱毛効果に関しては、医療クリニックの方が1回に照射するレーザーの出力が高いと言う点から効果も高い物が期待できると言えます。

 

しかしお子さんの場合はまだ性ホルモンのバランスが整っておらず、今後どの様にムダ毛が生えて行くのか、成長して行くのかという事が分かりません。

 

その為、今の時点でもしムダ毛が全くない様に処理できたとしても、その数年後、ホルモンのバランスが整った頃には再びムダ毛が生えており再度施術を受けなければならない場合が出て来ます。

 

ただどのお子さんも必ず再施術が必要となるとは限らず、その子の成長によってもその後が大きく左右される為一定と言う訳ではありません。

 

また何歳のお子さんが施術を受けたかという事でも効果の出方には差があり、その効果の持続期間にも差が出てしまう為、実際には施術の効果に関しては個人差がかなりあると言えます。

 

現在、脱毛自体は大人が施術を受けるものと言う訳ではなく、お子さんが受けると言うケースも増えています。

 

保護者の方の同意などが必要となりますが、水着を着る前にムダ毛を綺麗に処理しておきたいと言うお子さんの希望を叶える事は決して不可能と言う訳ではありません。

 

ただエステと医療クリニックでは利用する方法が違う為に安全性にも差があり、さらに予約の取りやすさ、価格、脱毛効果にも差があります。

 

さらにそもそも医療クリニックの場合はお子さんの施術には対応していない場合も有るため、どうしても医療クリニックで施術を受けたい時は予め施術に対応している所を探さなければなりません。

 

 

 

カロチノイドサプリ副作用

 

カロチノイドには健康に役立つ効果があり、サプリメントとしても多くの種類のものが販売されています。カロチノイドはサプリメントとしても注目されている成分ですが、思わぬ副作用がある場合もあります。

 

どういった副作用が、カロチノイドには起こりえるでしょう。カロチノイドの1つにβカロチンという成分があります。もしもこのβカロチンをサプリメントで取り入れるのであれば、同時に使っているサプリメントに、ビタミンAサプリメントや、マルチビタミンサプリメントがないかをチェックしましょう。成分表示を確認すれば一目瞭然ですが、ビタミンAを含むサプリメントは、βカロチンを使っていることがあるためです。

 

カロチノイドサプリメントと、ビタミンAサプリメントを併用すると、どちらにもカロチノイドが入っていて飲みすぎ状態になってしまいます。ベータカロチン系のカロチノイドを過剰に摂り過ぎた場合には、手足が黄色くなってきたりするだけではありません。

 

βカロチンが肝臓に大量に蓄積されてしまうことによって、肝機能の働きが下がってしまうという人もいるようです。動物由来のカロチノイドとして知られているのが、レチノールです。

 

皮膚に湿疹ができたり、おう吐感が強くなったり、酷い頭痛に悩まされることがレチノールの取りすぎにはあります。サプリメントを摂取する時に配合成分を調べることで、1つの成分が過剰にならないよう防ぐことができます。

 

数種類のサプリメントを使う時には、状況に応じて医師や、薬剤師に話を聞くことによって、カロチノイドなど特定の栄養素が過剰にならないように注意しましょう。